MENU

内臓脂肪を減らすには野菜を食べよう

数年前から食事の際は野菜から食べるようにしています。高血圧でも肥満でもないですが、血糖値の上昇を抑えたり余分な脂肪吸収をしないとテレビでみたのがきっかけで、はじました。それまで好きなものを先に食べる性格だったので始めた頃は、少しストレスでしたが、今では好きなものを最後に食べる楽しみができました。野菜から食べるのが習慣づいてきた頃、炭水化物を一番最後に食べるといいと聞き取り入れました。汁系、野菜、メイン(たんぱく質)、ごはん(炭水化物)の順に取るようになるべく心がけています。ご飯に合うおかずの時はご飯も食べたくなるので口にしますが、半分は最後に食べるようにしています。なるべくこの順番を守ってるので習慣化され、今でも違和感がなく続けています。以前より体重の変化(増加)が少ないし、内臓脂肪も付きにくい気がします。体重減少は運動も取り入れないと劇的には難しいですが、太りにくくなったのを実感しています。

 

内臓脂肪を減らすの為に、緑黄色野菜を摂るようにしています。

私は35歳の時、職場の健康診断で、脂肪肝であることがわかりました。血液検査の結果、肝臓の数値が良くなくて、薬で治療するほどではないものの、食べ物に気をつけるように医師から言われました。唐揚げや、コロッケなどの脂っぽい食事を控えるようにとのことでした。私は、これを期に食事を見直すことにしました。
今まで、大好きだった唐揚げやフライをできるだけ控え、野菜を積極的に摂るようにしています。特に温野菜が良いと知り、にんじん、大根、ブロッコリー、ほうれん草などの緑黄色野菜を電子レンジで短時間加熱して、ドレッシングをかけて食べるように心がけています。それでも野菜が足りないと感じた時は、ケールの青汁を飲むようにしたり、野菜をミキサーで潰して、野菜ジュースを作って飲んだりしています。野菜ジュースは、野菜だけだと苦いので、はちみつを加えるようにすると、味がまろやかになり、飲みやすくなります。私が一番好きな野菜の食べ方は、野菜の白ワイン漬けです。友達から教わった野菜の食べ方です。きゅうり、とまと、玉ねぎ、キャベツなどお好みの野菜を食べやすい大きさに切り、白ワインと砂糖、塩、などで味をつけた液に、漬け込みます。冷蔵庫で冷やしてから食べます。野菜の浅漬けに似ていますが、白ワイン漬けの方が美味しいです。常備菜として、作りおきができます。美味しいので、食事の合間のおやつにも良いと思います。